ヘアケア不足で分け目が薄い時はプロペシアを

髪の毛を気にしている男性

薄毛にならないためには日頃からのヘアケアが大切で、特に分け目を固定させているとその部分が薄くなってくることが考えられます。
ヘアケアに力を入れていなかったときや、分け目が薄くなっているときには専門のAGA治療を受けられるクリニックに行って改善を目指す方法もあります。
薄毛がAGAによって引き起こされている可能性を感じるときには、AGA治療を行っているクリニックを受診すれば、カウンセリングなどで調べてもらえます。
AGAは男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることが原因ではないかと言われています。
人間の毛には周期があって、成長期と退行期、休止期の3つの時期があって、その中の成長期を短くする働きがDHTにあると考えられています。
そのためにヘアサイクルが乱されて髪の毛が細く薄くなっていくことが考えられ、頭頂部の分け目の部分や額の生え際の部分が薄くなる状態に陥ります。
分け目が薄くなる症状の場合にはO字ハゲに、生え際が薄くなるときにはM字ハゲになります。
このような薄毛が進行しているときには、早めに専門のクリニックを受診してプロペシアの処方を受けることがおすすめです。
プロペシアには男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することを阻害する作用があることから、薄毛の原因になるDHTの生成を抑制させる効果があります。
その作用によってAGA治療に有効であると考えられており、厚生労働省の認可を受けている医薬品となります。
プロペシアの服用による治療は、1日あたり1錠の服用を行って、3か月から6か月ほどにわたって服用を継続することで効果が出てくるものとなります。
プロペシアの処方は保険適用はありませんので、クリニックを受診するときには、どの程度の費用がかかるのか確認しておいたほうが良いです。